ひとり暮らしの調理器具。ちょっと高価だけどお役立ちな物。

こんにちは、Kikoです。

ひとり暮らしの調理器具。
忘れちゃいけない、必須の調理小物

という記事では割愛した
計量カップとスプーンなんですが、
私はゼイタクをして高価な品を
使用しています。

料理家・栗原はるみさんプロデュースの
ブランド「ゆとりの空間」の品です。

1.わざわざ高価な物を買った理由。

計量カップ(500ml)は1,944円。
計量スプーンセットは2,160円。

100円ショップで買えるような物に
20倍のお金を書けた理由は、
使い勝手がとてもいいからです。

狭いキッチンにはありがたい、
使い回しがきく調理小物なんです。

計量カップとスプーン、
それぞれについて何がいいかを
語ってみたいいと思います(笑)

2.計量カップの良いところ。

容量が500mlというのが魅力でした。
それまでは200mlの物しか
見たことがなかったのです

500mlって
一般的な袋のインスタントラーメンで
必要とされる水の容量なんですよね。
カップになみなみと1杯でちょうど。
とてもわかりやすいです(笑)

また、形状が計算されているのか、
卵は溶きやすいし、
チヂミなどの生地も混ぜやすい。
そして、注ぎ口がついているので、
フライパンなどに流し込みやすい!

さらに、ステンレス製なので、
湯煎調理にも使えるんですよね。
私はあんまりしないけど・・・あ、
温泉卵風とかやってみようかな?

とってもお気に入りです。

栗原はるみ 計量カップ 500cc HK10082

新品価格¥1,944から

3.計量スプーンの良いところ。

スプーンのすくう部分が
円形ではなく卵型をしているのが
特徴的です。

この形のおかげか
液体の調味料のキレがいい気がします。

私はちょっと横に置いておいて、
お玉代わりに使ったりも。

大さじ=30mlなので、
具材も取り混ぜつつ10回もよそえば
ちょうどいい感じの量になります。

盛りつける具材のバランスも
細かく調整できていい感じです。

栗原はるみ 目盛り入り計量スプーン 2pcs HK10706

新品価格¥2,160から

どちらの品も、
今考えても高価だなあと思います。

でも、
それだけの価値を感じていますし、
本当に使い勝手が良くて重宝です。

こういうお気に入りのグッズがあると
自炊は楽しくなるかもしれません。

ご参考になれば幸いです**



関連記事

  1. 初めてのひとり暮らしスタート!自炊に必須の調理器具

  2. ひとり暮らしの調理器具。電気ケトルではなくやかんを選んだ理由。

  3. ひとり暮らしの調理器具。意外と使える「卵焼き用フライパン」。

  4. ひとり暮らしの調理器具。私が使っていない物。

  5. ひとり暮らしの食器の話。何人分を揃えよう?

  6. ひとり暮らしの調理器具。忘れちゃいけない、必須の調理小物

  7. ひとり暮らしの食器の話。最低限必要な物は?

  8. ひとり暮らしの食器の話。ガラス製の食器のこと。

PAGE TOP